zzomulrak soap
石けんの保管と使用
普通の粘土やクレイのように手でこねて希望する形やカラーを演出することができます。
使用前にウェットティッシュなどで手をあらかじめ拭いて若干の水気が手のひらにあると、手にあまりくっつかないです。
製作過程が終わったらすぐ石けんとして使用することができます。
製作しなくてもすぐ使用可能です。
作業活動後に使用するとCP石鹸特有の滑らかで豊かな泡を感じることができます。
天然石けんの特性上、普通の石けんよりやややわらかいです。
石けんホルダを使うとさらに長く使用できます。
保護者の管理監督が必要な人は保護者の立ち入りの下、使用可能。
Zzomulrak
色の混合
基本色を混ぜてさまざまな色が作れます。(混ぜる色の割合は目で確認しながら混ぜる。)
A. 基本的な色の混合概念図(一般の絵の具の混合と概念が似ている。)
黄色、赤、青の色は濃く作られているので、濃い原色からパステルカラーまで表現の幅が広くてさまざまである。 (白色と黒色の混ぜる量に応じて明度と彩度を調整することができる。)
B. 色混合の例
C. 色を混合ヒント - 指と手のひらを利用して混ぜて与える。
Zzomulrak
Zzomulrak
生活道具を利用
綿棒 : エンボシン効果    ② スティック : 絵を描く   ③ 歯ブラシ : 芝生のような質感を表現   ④ つまようじ : 縫い目の効果    ⑤ : 丸い円形パターン    ⑥ 割り箸 : 四角形のパターン   ⑦ ストロー : 細かい円のパターン    ⑧ ドライバー : +、-パターン 
Zzomulrak
ご注意
1. 本製品の成分がいくら天然材料であっても石けんですので、食べてはいけません。
2.天然色素の特性上、直射日光(蛍光灯の光などの室内灯を含む)では脱色することがありますので、保管の際には光が遮断されるところに置いてください。
3.天気が寒いときは、最初はやや硬いと感じることがありますが、少しだけもみもみすると手の体温によってすぐに柔らかくなります。
4.15℃以下では本製品の物性がしっかり表現できないことがあります。ご使用前、15℃以上の室内で保管してからお使いください。
5.使用して残った製品は密封して光のない場所に保管すると、次回再利用できます。
6.創作活動の際、手の汗と石けんが反応して手から異臭がすることがありますが、手を洗うと異臭はなくなります。
7.創作活動前にウェットティッシュなどで手に水分を軽くつけると石けんがくっつきにくいです。
8.二つのパーツをくっつけるとき、ウェットティッシュなどで接着面をこするとくっつきやすいです。石けんの接着剤は水です。
9.作品活動が終わった後、スプレーなどで水をまんべんなくかけるとさらに丈夫になります。
10.開封後、作品活動時間が長くなり、石けんが多少乾いたらスプレー(ウェットティッシュ)などで水気をつけると本来の物性に戻ります。
ただ、石けんが完全に乾いて硬く固まったら水をかけても本来の物性への復帰は不可能です。